2008年12月18日

【丸香】かま玉(大盛)+野菜天盛/780円

20081218maruka1.jpg

-香川と言えば…-
私こと、B級サラリーマンは仕事の都合で、
一年間香川県に住んでいたことがある。
香川と言えば讃岐うどん。
ことあるたびに讃岐うどんを食べていたが、
うどんの善し悪しを決めるのはコシで、
『コシのないうどんは讃岐うどんとは言えない』
ということを学んだ。

-大行列-
さて。
今日は神保町にある丸香。
都内でも屈指の讃岐うどんのお店だ。
12時30分頃に到着。
しかし行列がとてつもない。
30〜40人が並んでいる。
あまりの行列で諦めて帰ってしまう人もいる。
ただ、うどんは回転が早い。
故にそんなに待たないだろう、と思い並び続けた。

待つこと20分。
ようやく入口に近づき店内が伺える頃になって、
店員がメニューを持って注文を取りに来る。
頼んだのは『かま玉大盛と野菜天盛』。
まもなく席に通される。
店内はサラリーマンやOLや学生で賑わっている。
若い世代が多いのが特徴的で、男女比は半分半分。
この店は流行りのチェーン店とは違いセルフではなく、
店員が席まで持ってきてくれるシステム。
着席してから10分程で運ばれて来る。
『かま玉大盛と野菜天盛』。
『かま玉』とは茹で上がったうどんを釜から直接丼に移して、
熱いうちに生卵を割ってグルグルまぜたもの。
大盛は二玉、つまり二人分。
20081218maruka2.jpg

-あごが疲れる-
まずは一口。
何もかけないで食べる。
うん、コシがあり、うどん本来の味がする。
かみしめていくと甘みが出てくる。
美味しい。
二口目はだし醤油をかける。
鰹だしと醤油を割ったもので、
ほんのり上品な甘い味付けになっている。
こちらもうまい。
卵と混ざりまろやかさが際立つ。
何とも言えないなぁ。
ついつい香川を思い出してしまう。
コシがあるうどんは食べているとあごが疲れてくる。
このうどんも本場に負けず、ちゃんとにあごが疲れてくる。

-天婦羅屋-
野菜天盛も美味しい。
じゃが芋、カボチャ、いんげんの三種類。
どれも揚げたてで、からっと揚がっている。
天婦羅屋でもやっていけるくらいだ。

今日のランチは非の打ち所がない。
コストパフォーマンスも完璧だ。
かま玉(580円)+大盛(120円)+野菜天盛(180円)
これだけだべても780円。
十分おなかいっぱいになる。
並び始めてから食べるまで30分ほど時間がかかったが、
それだけ待っても食べる価値がある讃岐うどんだと思う。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】84点

☆☆お店データ☆☆
【店名】丸香
【住所】東京都千代田区神田小川町3-16-1 ニュー駿河台ビル 1F
【電話】非公開


↓↓よかったらクリックを↓↓
banner_11.gif

にほんブログ村 グルメブログへ

posted by B級サラリーマン at 22:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 麺(うどん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

丸香「釜たまうどん+かしわ天」 [神田神保町]
Excerpt: 今日はお昼まえから神田小川町で打ち合わせ。 一緒になったりんさんと ランチを食べ...
Weblog: マッシーのグルメ日記
Tracked: 2009-12-25 23:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。