2009年12月24日

【湯島 一二一】鯛茶漬け/1000円

今日は湯島の『湯島 一二一』でランチ。
20091224yusima1211.jpg

20091224yusima1212.jpg
春日通りから一本路地に入った、
夜になると紫のネオンが輝くであろうエリアにあるが、
ちょっと場違いな佇まいの木のドアのお店です。

到着したのは12時25分。
店に入ると、
「ご予約のお客様ですか?」と聞かれる。
違う旨を伝えると、
厨房と相談してから、
「お座りください」とカウンター席の左端に案内される。


20091224yusima1213.jpg
メニューは、
一日限定20食という『鯛茶漬け』の一種類だけ。
なので注文を告げなくても大丈夫です。

カウンター席が6席と、
テーブル席が4席のこじんまりとしたお店で、
先客は六人だけ。

厨房の中では下駄を履いた板さんが、
歩くたびにカランコロンと音を立てながら魚をさばいています。

4分ほどで運ばれてくる。
ご飯と味噌汁、味噌ダレの鯛の刺身、
煮物、卵焼き、漬物。
20091224yusima1214.jpg

板さんが2種類の食べ方を説明してくれます。
「そのまま鯛をお刺身で食べもいいです」
「鯛をご飯に乗せてお茶を注いでお茶漬けにして食べてもいいです」
さらにこんなことまで。
「ご飯と鯛はおかわりが出来ますのでおっしゃってください」

ん?
ご飯と鯛はおかわりが出来る?
ご飯のおかわりは多くの店で出来るが、
メインのおかわりなんて聞いたことがない。
すごい太っ腹だなぁ。

まずはそのまま刺身で頂く。
20091224yusima1215.jpg
白ゴマが入っている味噌ダレは、
濃いめでしっかりとした味付けです。
刺身に切り込みが入っていて、
味がしっかりと馴染んでいて美味しいです。
しっかりとした味付けなので、
ご飯が進みすぐにご飯がなくなってしまう。
刺身も三切れだけで瞬く間に完食。

さっそく、ご飯と刺身のおかわりをお願いする。
二杯目はお茶漬けで頂く。
ん〜。
どうやらお茶を入れすぎたようで、
薄味になってしまいました。
お茶は控えめな方がいいようです。

“おかわりができる”というが、
何杯までおかわりができるのだろうか?
二杯までかなぁ、と思い食べ終えようとしたところ、
隣のお客さんが三杯目をおかわりしているではないか!
もう少し食べれそうな気もしたがやめました。

付け合せの煮物は、
ごぼうが柔らかく食べられるくらい、
しっかりと煮込まれています。

食後に『塩アイス』が出てきました。
あっさりとした味で美味しかったです。
20091224yusima1216.jpg

1000円という決して安くはないランチです。
しかし、おかわり自由という心意気や、
落ち着いた雰囲気の店構えを考えれば、
決して高いとは思わないランチだと思います。

ちなみに12時30分を過ぎると、
予約をしていないお客さんは断られていました。
早めの訪問か、
予約をしてからの来店がいいかもしれません。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】80点

☆☆お店データ☆☆
【店名】湯島 一二一
【住所】東京都文京区湯島3-35-1
【電話】03-5846-3510


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ




posted by B級サラリーマン at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(魚:刺身) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。