2010年01月21日

【文字平】奥州鶏の特選親子丼/800円

今日は麹町の『文字平』でランチ。
20100121mozihei1.jpg
日テレ通りから路地に入った、
マンションの一階にあるお店です。

到着したのは12時20分。
扉を開けると先客が三人待っています。
三分ほど待ってからカウンター席に案内される。

店内はカウンター席が六席とテーブル席が八席。
また奥に座敷もあるようです。

メニューは全部で九種類。
20100121mozihei2.jpg
そのすべてが伊達鷄を使った料理になっています。
注文したのは『伊達鶏の特製親子丼』。
ご飯の大盛が無料と書いてあったが、
初めてのお店だったのでやめておきました。
ちなみにご飯は白米と玄米から選べるようで、
白米をお願いしました。

客層は中高年の男性が中心で、
男性比率は七割ほどです。
周りを見るとほとんどのお客さんが、
『伊達鶏の特製親子丼』を食べているように見えます。
メニューの裏によると、
この店の鶏肉は岩手県産の鶏肉を使っているとのこと。

六分ほどで運ばれてくる。
親子丼、味噌汁、サラダ、漬物。
20100121mozihei3.jpg
さっそく一口。
かなり濃いめの味付けです。
やや歯ごたえのある鶏肉は、
味がしっかりと染み込んでいて、
噛み締めるたびに口の中で濃い味が染み出てきます。
20100121mozihei4.jpg
また卵はとろとろで半熟そのもの。
全体的にご飯とのバランスが取れていて、
水っぽくなく美味しく食べることが出来ました。

【  味  】★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】64点

☆☆お店データ☆☆
【店名】文字平
【住所】東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム 1F
【電話】03-3239-2566


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ





ブログランキング ドット ネット


posted by B級サラリーマン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

【別亭 鳥茶屋】地鶏親子丼/950円

今日は神楽坂の『別亭 鳥茶屋』でランチ。
20091221bextuteitori1.jpg

20091221bextuteitori2.jpg
神楽坂通りから、
車も通れないくらい細い路地に入った所にあります。

到着したのは12時ちょうど。
入口で靴を脱ぎ、
下足番のおじさんから札を貰ってお店に上がります。
いくつか部屋があるようだが、
通されたのは、
二階の座敷で四人掛けのテーブルが10席ほどあります。
ほぼ満席状態で客層は老若男女さまざまです。
神楽坂散策をしたマダムや老夫婦もいるし、
サラリーマンやOLの姿も見えます。

20091221bextuteitori3.jpg
メニューはちょっと高めの価格設定。
その中で注文したのは『地鶏親子丼』。

八分ほどで運ばれてくる。
親子丼、味噌汁、漬物、デザート。
20091221bextuteitori4.jpg

さっそく一口。
20091221bextuteitori5.jpg
総じて卵はとろとろの部分が多いが、
一部卵焼きのように固まっている部分もあります。
ちょっと濃いめの味付けで、
鶏肉はふんだんに入っていて柔らかい食感です。
見た目のボリュームは少ないように感じたが、
食べ進んで行くと意外にお腹にたまってきます。

20091221bextuteitori6.jpg
デザートは、
きな粉のザラザラした食感が残る豆腐でした。

【  味  】★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】68点

☆☆お店データ☆☆
【店名】別亭 鳥茶屋
【住所】東京都新宿区神楽坂3-6
【電話】03-3260-6661


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ




posted by B級サラリーマン at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

【東京バルバリ】塩ダレ親子丼/900円

今日は京橋の『東京バルバリ』でランチ。
20091216barubari1.jpg
今年の6月以来二度目の訪問になります。
前回訪問時に食べたランチが、
非常に残念な結果だったが、
その時に気になった親子丼を食べてみようと思い再訪問です。
 詳しくはこちらへ
  →【東京バルバリ】牛スジ煮込み定食/850円(2009/6/8)

到着したのは12時ちょうど。
店内はすでに満席に近い状況で賑わっています。
客層は若い世代が中心で、
男性比率は七割ほどです。

メニューはどれも1000円以内。
20091216barubari2.jpg
食べてみたかった親子丼は、
『炭火焼親子丼』と『塩ダレ親子丼』のニ種類ある。
ちょっと悩んでから、
あまり聞いたことのない『塩ダレ親子丼』を注文しました。

15分ほどで運ばれてくる。
親子丼と味噌汁、サラダ、冷奴、温泉玉子、漬物。
20091216barubari3.jpg
親子丼という名前が付いているが、
運ばれてきたのは、
これまで食べてきた親子丼とはまったく違う代物です。
20091216barubari4.jpg
焼肉のカルビのような形にスライスされた鶏肉、
そして、
鶏肉と卵がセットになって、
初めて“親子丼”と名乗ることが出来るのに、
別皿で温泉玉子が添えてある。

とりあえず、
温泉玉子を丼にかけてから一口。
20091216barubari5.jpg
鶏肉は所々レア部分があって柔らかい食感です。
ただ、かなり塩がかかっていて濃い目の味付けになっています。
鶏肉の他に、
もやしと刻みネギ、ごまが入っていている。
これまで食べたことのない斬新な親子丼です。
ご飯の量がかなりあるので、
お腹いっぱいになりました。

親子丼もさることながら、
味噌汁もかなり塩分が多めです。
ヘルシー嗜好のランチがもてはやされる昨今だが、
そんな時流に逆行するようなランチだと思う。
でも、こんなランチも時々ならいいかな、
と思ってしまうB級サラリーマンでした。
嫌いな味ではありません。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】72点

☆☆お店データ☆☆
【店名】東京バルバリ
【住所】東京都中央区京橋3-7-9 橋本ビル
【電話】03-5524-1338


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ




posted by B級サラリーマン at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

【辰の字】親子丼/850円

今日は築地の『辰の字』でランチ。
築地本願寺の近くにあるお店です。
20091125tatunozi1.jpg

20091125tatunozi2.jpg
到着したのは12時40分。
カウンター席が八席と、
テーブル席が四席ある店内は、
ほぼ満席状態だったが、
唯一空いていたカウンター席に滑り込むことができた。

メニューは、
  ■やき鳥丼
  ■親子丼
  ■鳥真如揚げ
の三種類ですべて850円。
大盛は+50円の900円とのこと。

周りのお客さんを見回すと、
親子丼を食べているお客さんが多いように見えたので、
B級サラリーマンも追随して『親子丼』を注文する。

四分ほどで運ばれてくる。
親子丼と味噌汁、ちょっと遅れて漬物が来ました。
20091125tatunozi3.jpg
さっそく一口。
卵は半熟トロトロです。
鶏肉はモモ肉だけではなく、
皮の部分もふんだんに入っていて、
かなり柔らかい食感です。

また他の店の親子丼に比べて、
鶏肉のボリュームがかなりあると思う。
20091125tatunozi4.jpg
ところが、味があまりしない。
鶏肉には多少なりとも味が染み込んでいるが、
ダシ自体が薄い味付けで、
ご飯に味が馴染んでこない。
もう少し甘さがあるほうがB級サラリーマンの好み。
せっかくボリュームがある親子丼なのに残念です。

【  味  】★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★

【点  数】64点

☆☆お店データ☆☆
【店名】辰の字
【住所】東京都中央区築地3-14-5
【電話】03-3546-2162


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ



食べログ グルメブログランキング


posted by B級サラリーマン at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

【鳥藤 分店】親子丼/850円

今日は築地の『鳥藤分店』でランチ。
20091021torihuzi100.jpg
この店は6月に続いて二度目の訪問となります。
 詳しくはこちら
  →【鳥藤 分店】ぼんじり丼 温玉のせ/680円(2009/6/26)

到着したのは12時40分。
ちょうど先客が食べ終わって、
席を立ったところに滑り込むことができたので、
待つことなく座ることができた。

店内はカウンター席が五席、
テーブル席が12席だけのこじんまりとしたお店です。
客層はサラリーマンや築地市場で働いている人が中心で、
男性比率は八割ほど。

メニューは鶏料理ばかり。
<20091021torihuzi200.jpg

20091021torihuzi300.jpg
前回食べて美味しかった『ぼんじり丼』も捨て難いが、
違うものを食べようと思い、
前から気になっていた『親子丼』を注文する。

六分ほどで運ばれてくる。
親子丼、鶏スープ、冷奴、漬物。
20091021torihuzi400.jpg
さっそく一口。
鶏肉は皮の部分がふんだんに付いていて、
プルプルとした食感でジューシーです。
卵もとろとろで甘い味付けとなっており美味しい。
20091021torihuzi500.jpg
強いて言うなれば、
もう少し汁気があってもいいかなと思う。
食べ始めた直後は、
ご飯に味がが馴染んでおらずイマイチだったが、
食べ進むにつれて、
ご飯とダシが馴染んで味が染み込んで美味しく食べることが出来た。

また、鶏スープは熱々なので、
ちょっと時間を置いてから飲むことをオススメします。
コラーゲンたっぷりで美味しいスープです。

全体的なボリュームは、
足りないことはないが、
満腹になるほどでもない。
大盛にチャレンジして見てもいいかなと思う量です。

隣のお客さんが食べていた『親子カレー』が、
そそる香りを漂わせていたので、
次回は『親子カレー』を食べてみようと思う。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】68点

☆☆お店データ☆☆
【店名】鳥藤 分店
【住所】東京都中央区築地4-8-6
【電話】03-3543-6525


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ



食べログ グルメブログランキング


posted by B級サラリーマン at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

【鳥ふじ】親子丼/950円

朝からの大雨のおかげで、
職場に着いた時には、
靴やスボンがびしょびしょになってしまった。
雨はいやですねぇ。

今日は茅場町の『鳥ふじ』でランチ。
20090810torihuzi1.jpg
以前訪問した唐揚げが美味しい、
『宮川』のすぐ近くに店はあります。
『宮川』の詳細はこちら
  →【宮川】唐揚げ定食/850円

到着したのは12時35分。
店はビルの二階にあります。
階段を上り、ドアを開けると店の中はガラガラ。
カウンター席が10席と、
テーブル席が10席ある店内には、
先客が二人しかいない。
サラリーマンたちの夏休みが始まったのと、
この大雨で客足が鈍っているようだ。

通されたのは二人掛けのテーブル席。
「雨の中、ありがとうございます!」
と明るく元気なお姉さんがお茶を持ってきてくれる。
20090810torihuzi2.jpg
限定10食という『特上親子丼』が気になったが、
1400円なので断念。
注文をしたのは950円の『親子丼』。
ちなみに『特上親子丼』にはこんな食材を使っているようです。
20090810torihuzi3.jpg
いつか食べてみたいなぁ。

すぐに漬物と小鉢が運ばれてくる。
20090810torihuzi7.jpg
小鉢は鶏肉のつみれ。
甘く煮てあって美味しいつみれです。

五分ほどでスープと親子丼が運ばれてくる。
20090810torihuzi5.jpg
やや大きめの丼に盛られた親子丼です。

さっそく一口。
うん。
20090810torihuzi6.jpg
言うなれば「甘い卵かけご飯」。
卵がご飯に染み込んでいて、
味はダシとみりんで甘く整えてある。
上にのっている卵は固まっている部分もあり、
絶妙のバランスで盛りつけてある。
鶏肉は柔らかく仕上げてあります。

美味しい親子丼だと思います。
大きい丼にしっかりとご飯が盛りつけてあるので、
お腹一杯になります。
また食べたいなと思う親子丼です。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】80点

☆☆お店データ☆☆
【店名】鳥ふじ
【住所】東京都中央区日本橋茅場町3-4-6 本橋ビル 2F
【電話】03-3249-6118

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ

食べログ グルメブログランキング



posted by B級サラリーマン at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

【たかはし】親子丼/850円

暑い一日でした。
昨日梅雨が明けた東京は連日の暑さです。
そんな中、
今日は五反田の『たかはし』でランチ。
飲食店が多く入っているビルの二階に店はあります。
20090715takahasi1.jpg
到着したのは12時5分すぎ。
店内は厨房を取り囲むように、
L字型のカウンターが9席と、
四人掛けのテーブルが一つだけの、
こじんまりとしたお店です。

通されたのはカウンターの左端の席。
店内はワイングラスがずらりと並べていたりして、
ちょっとした上品さがあり、
落ち着いた雰囲気のお店です。
先客はサラリーマンを中心に八人。

ランチメニューは、
親子丼の一種類だけの一品勝負のお店です。
20090715takahasi2.jpg
「普通盛ですか?大盛ですか?」
とマスターに聞かれたので、
“普通盛”をお願いする。

すぐにスープと漬物が出される。
20090715takahasi3.jpg

五分ほどで親子丼が運ばれてくる。
20090715takahasi4.jpg

さっそく一口。
一般的に親子丼というと、
鶏肉に甘辛い味が染み込んでいるものが多いが、
この鶏肉は焼鳥のように、
塩と胡椒による下味がついていています。
だしは甘辛い味付けなので、
『焼鳥風親子丼』といった感じ。
20090715takahasi5.jpg
また、卵は黄身と白身で固まり具合が異なっている。
作るのを見ていると、
まず黄身を溶いたものを流し込んで、
加熱をしたのちに白身を流している。
ゆえに、黄身はある程度固まっているが、
白身は固まらずにとろとろに仕上がっています。
総合的に見て、美味しい親子丼だと思います。

ただ、気になることが一つ。
自分が入店して以降、
誰一人としてお客さんが入って来ませんでした。
ランチタイムにお客さんが入ってこないとは、
ちょっと心配になってしまいます。
今日は暑すぎたからかなぁ?

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】72点

☆☆お店データ☆☆
【店名】たかはし
【住所】東京都品川区西五反田1-7-1 リビオ五反田プラグマGタワー 2F
【電話】03-5436-9677

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ

食べログ グルメブログランキング



posted by B級サラリーマン at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

【伊勢ろく 本店】親子丼/780円+100円(お吸い物)

神田西口商店街の一角にあるお店で、
「親子丼の美味い店」というのぼり旗が目立つ。
12時15分に到着。
店に入ると五人並んでいる。
寒空の下で待たないだけマシかなぁ。
まもなくして前に並んでいた四人組がしびれを切らして、
店を出ていってしまったので、
二分程で着席することができる。

店内はカウンターが八席のみ。
どうやら二階にテーブル席がいくつかあるようだ。
客層はサラリーマンやOLが中心で、
男性比率は六割ほど。
おじさんの街である神田にしては女性が健闘している。
20090114iseroku1.jpg

-ついついお吸い物-
座ると女性店員が注文を取りに来る。
この店には親子丼しかない、一品勝負のお店だ。
親子丼普通盛を注文。
すると「お吸い物はどうしますか?」と聞かれる。
+100円だったのにも関わらず、
ついつい「お願いします」と言ってしまう。
やれやれ。

-美味しい食べ方-
メニューの裏には『親子丼の美味しい食べ方』なるものが書いてある。
要約すると
@まずフタを開けて三葉のまわりに七味唐辛子をかける
Aフタを閉じて五秒待つ
Bフタを開けて卵を崩さないように端から食べていく
こんな感じ。
20090114iseroku2.jpg

カウンターの中ではおじさんが一人で奮闘している。
五つのコンロに親子丼用の鍋を置いて、
ダシ、ネギ、鶏肉を加えて、
沸騰したら溶き卵を注ぐ。
そして最後にもう一度溶き卵を加えて完成。
これをご飯に盛って出てくる。
この流れ作業を延々と繰り返している。
そうこうしていると三分程で運ばれてくる。
20090114iseroku3.jpg

-卵-
『親子丼の美味しい食べ方』に従い七味唐辛子をかけてフタをする。
5秒経過。
まずは一口。。。
食べにくい。
二度目に加えた溶き卵が半生で、箸にかからない。
よく見ると箸立ての横にスプーンが置いてある。
さすが気が利くなぁ。
20090114iseroku4.jpg

改めて一口。
うん。
溶き卵を二度に分けて入れているために、
固まった卵と半生の卵が混在している。
これが絶妙な食感。
鶏肉はあらかじめ味付けがされており柔らかくて美味しい。

-存在感のない鶏肉-
ただ、残念なことに全体的にボリュームが控えめだ。
鶏肉は小さなブロックが四つだけ。
もう少し大きくて、数も多いといいなぁ。
親子丼なんだから卵だけではなく鶏肉も欲しい。
ご飯も同様に控えめ。
女性客が多い理由も納得できる。
やっぱり男子たるものは大盛を食べなきゃいけないのかなぁ。

-サービス券-
精算時にサービス券をもらった。
20090114iseroku5.jpg
次回来店時には大盛かお吸い物が無料になる券のようだ。
こんな券をもらったら、
『また行かなきゃ』と思ってしまう。
人間心理をくすぐるかのごとく、うまく出来てる。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】64点

☆☆お店データ☆☆
【店名】伊勢ろく 本店
【住所】東京都千代田区内神田2-12-3
【電話】03-5294-7120
↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(親子丼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。