2010年05月12日

【よね家】鳥わさ丼(中盛) /940円

今日は水天宮前の『よね家』でランチ。
20100512yoneya1.jpg
このお店は水天宮エリアで、
一番美味しいランチを食べることができるお店で、
2009年6月に続いて3回目の訪問です。
 詳しくはこちらへ
  →【人形町・水天宮エリア ベストランチ】(2009/11/15)
  →【よね家】鳥わさ丼(中盛)/940円(2009/1/8)
  →【よね家】鳥わさ丼(中盛)/940円(2009/6/15)

到着したのは12時10分すぎ。
靴を脱いでからの入店となります。
全部で30席ほどの店内はすでに満席状態で、
タイミングよく入れ替わりで、
カウンター席に座ることが出来ました。
客層は若い世代が中心で男女比は半分くらいです。

メニューは、
他のお店ではまずお目にかかることがない、
『鳥わさ丼』の1種類だけしかない。
サイズが小盛、並盛、中盛、大盛の四段階あり、
注文時にはこのサイズを伝えるだけ。
中盛を注文しました。

すぐにサラダと冷奴が運ばれて来ます。
20100512yoneya2.jpg

8分ほど待ってからで『鳥わさ丼』と味噌汁がが来ます。
20100512yoneya3.jpg

20100512yoneya4.jpg
このランチほど芸術的なランチはないと思う。
一枚一枚丁寧に並べられた鶏肉の上に、
菊の花びらや大葉などで綺麗に彩りがされていている。

『鳥わさ丼』とは、
鰹のたたきのように、
表面だけ火を通して中はレア状態の鶏肉を、
わさび醤油で味付けして丼に盛りつけたもの。

鳥肉+わさび醤油+丼
の頭文字をとったのが『鳥わさ丼』です。

さっそく一口。
20100512yoneya5.jpg
ピリリと鼻に抜けるくらい辛いわさびが効いています。
鶏肉にも味が付いているし、
ご飯にもタレがかかっているので食が進みます。

全体的なボリュームも、
鶏肉が全部で14切れもあるので文句なし。
この内容で940円であれば納得のランチです。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】80点

☆☆お店データ☆☆
【店名】よね家
【住所】東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-10
【電話】03-5623-4122


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ





ブログランキング ドット ネット


posted by B級サラリーマン at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

【串若】焼き鳥丼/800円

今日は田町の某店で、
ハンバーグを食べようと思い、
12時ごろから行列に並んでいた。
20100406kusiwaka0.jpg
ところが無情にもB級サラリーマンの二人前で売切れ宣告。
このお店でハンバーグを食べるためには、
12時前から並んでいなければならないようです。

気を取り直してすぐ近くにある『串若』を訪問する。
20100406kusiwaka1.jpg

20100406kusiwaka2.jpg
到着したのは12時10分。
ビルの二階にあるお店で、
入口で靴を脱いでからの入店となります。
入口左手にはカウンターが9席とテーブルが4席、
右手に座敷席がいくつかあるようです。
客層はサラリーマンが中心。
ほぼすべてが男性客で、
女性客は一人しか見かけませんでした。

メニューは全部で三種類。
20100406kusiwaka3.jpg
注文したのは『焼き鳥丼』。
他のお客さんの注文を聞いていると、
半分以上のお客さんが『焼鳥丼』を注文しています。

6分ほどで運ばれてくる。
焼鳥丼と味噌汁、サラダ、小鉢で山菜、漬物。
20100406kusiwaka4.jpg
焼鳥丼には、
ムネ肉、ささみ、つくぬ、ししとうが乗っています。

さっそく一口。
20100406kusiwaka5.jpg
ムネ肉はちょっとパサついている感があるものの、
塩味でしっかりとした質量感があります。
ささみはわさびが付いていて、
つーんと鼻に抜けていきます。

ご飯は甘いたれが、
まんべんなくかかっており食が進みます。
全体的にボリュームはかなりのもので、
お腹一杯になりました。
この内容で800円という価格設定。
満足のいくランチだと思います。

【  味  】★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★

【点  数】68点

☆☆お店データ☆☆
【店名】串若
【住所】東京都港区芝5-29-2 三善ビル 2F
【電話】03-3454-0147


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ





ブログランキング ドット ネット


posted by B級サラリーマン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

【石井】焼き鳥丼/900円

今日は麹町の『石井』でランチ。
文藝春秋社の近くにある焼鳥専門店です。
20091118isii1.jpg
到着したのは12時10分。
実はこの店を訪れるのは二回目になる。
前回訪問時は、
食べたかった『焼き鳥丼』が売り切れていて、
諦めて帰った経緯があり、
今回はそのリベンジの訪問となります。

扉を開けると、
手前にカウンター席が12席、
奥にテーブル席が10席前後ある、
静かで落ち着いた雰囲気のお店です。
通されたのは大将が焼鳥を焼いている目の前の席。

メニューは、
『焼き鳥丼』と『そぼろ丼』の二種類だけ。
20091118isii2.jpg
注文をしたのは当然『焼き鳥丼』。

先客は四人だけ。
厨房では、
若い寡黙な大将が一人で焼鳥を焼いています。
何度もタレに付けて、
一本一本丁寧に焼いています。
仕上げに植木ハサミで焦げた部分を、
“パチパチ”とリズム良く切り落としてから丼の上に乗せている。

注文してから10分ほどで、
焼き鳥丼と鳥ガラスープが運ばれて来る。
20091118isii3.jpg
ご飯にはまんべんなくタレがかかっていて、
その上に、
しし唐が間に入っている焼き鳥が二本と、
レバー、ぼんじり、うずら、ささ身が一本づつ乗っています。
20091118isii4.jpg
まずはうずらから一口。
これはうまい!
なんと、半熟のうずらです。
別に珍しくはないかもしれないが、
黄身が口の中で広がる絶妙の食感で美味しい。
たかが半熟、されど半熟、
侮ってはいけません。

続いてささ身。
これだけタレが付いておらず、
ワサビがちょこんと乗っています。
ツーンと鼻にくる強烈なワサビだが癖になる辛さです。

最初はボリュームがイマイチかな?と思ったが、
食べてみると意外にお腹にたまってきます。
一本一本にこだわりを持っている焼鳥で、
クオリティーの高い『焼き鳥丼』だと思います。

余談ですが。
先日『ミシュラン東京2010』が発表されましたが、
その中で初めて焼鳥屋が掲載されたとのこと。
どこの店かなと思ったら、
以前訪問したことのあるお店が☆を獲得していました。
 詳しくはこちら
  →【たかはし】親子丼/850円(2009/7/15)

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】76点

☆☆お店データ☆☆
【店名】石井
【住所】東京都千代田区平河町1-5-7 エクレール平河町1F
【電話】03-3511-7039


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ



食べログ グルメブログランキング


posted by B級サラリーマン at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

【とり安】きじ焼き重/800円

今日は京橋の『とり安』でランチ。
20090706toriyasu1.jpg

到着したのは12時5分すぎ。
入口にあるメニューを見ていると、
ドアが開いておばちゃんが声をかけてくる。
「はい、いらっしゃい。さあ、中へどうぞ!」
と半ば強引に店内に連れ込まれる。

通されたのはカウンター席。
店内はカウンター席が9席、
テーブル席が20席、奥に座敷もあるようだ。
先客は10人に満たないくらいで、
中年のサラリーマンがそのほとんどを占めている。
店内のメニューを見ていると、
夜は焼鳥を中心にした居酒屋になるようです。

ランチメニューは、
鶏系、揚げ物系など八種類あってどれも800円。
20090706toriyasu2.jpg
『きじ焼き重』を注文する。
二分もしないで、
そぼろとスライスされた鶏もも肉が乗った重、
味噌汁、漬物が運ばれてくる。
20090706toriyasu3.jpg

さっそく一口。
そぼろ、もも肉ともに、
かなり濃いめにの味付けです。
20090706toriyasu4.jpg
また、別にご飯に染み込むくらいタレがかかっているので、
さらに味が濃くなっています。
ちょっと喉が渇きそうな味付けです。

全体的にボリュームは普通です。
濃いめの味付けなので、
小鉢でサラダとか冷奴が付いていれば、
中和してくれていいと思う。

ちなみに12時15分を過ぎると、
店内は満席になります。
半分近くのお客さんが『重ね弁当』を注文していました。
また、各メニュー大盛も無料とのこと。
次回訪問があれば大盛を頼んでみようかな。

【  味  】★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★

【点  数】60点

☆☆お店データ☆☆
【店名】とり安
【住所】東京都中央区京橋2-6-14 日立第六ビル 1F
【電話】03-3561-2340

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

【鳥藤 分店】ぼんじり丼 温玉のせ/680円

今日は築地の『鳥藤 分店』でランチ。
新大橋通りと晴海通りが交差する、
築地四丁目の交差点のすぐ近くにあり、
店が密集する路地にあります。
20090626torihuzi1.jpg

20090626torihuzi2.jpg
到着したのは11時55分。
店の前には七人の先客が行列を作って待っている。
築地というと『魚』が一番に思い浮かんでしまうが、
意外に魚以外でも美味しい店があります。
この店は『大山鷄』を扱う鷄専門店で、
親子丼や焼鳥丼などを提供してくれる。
20090626torihuzi3.jpg

20090626torihuzi4.jpg
五分ほどで店員が注文を取りに来る。
注文したのは『ぼんじり丼 温玉のせ』。
ちなみに『ぼんじり』とは鳥のお尻の肉のことです。

さらに10分ほど待ってから席に通される。
店内はカウンター席が六席と、
テーブル席が10席のこじんまりとしたお店です。
客層はサラリーマンや築地に観光に来たと思われる人など様々で、
男性比率は七割ほど。
周囲を見回すと、
親子丼を食べているお客さんが多いように見える。

席に着いてから二分で、
ぼんじり丼と鳥スープが運ばれてくる。
20090626torihuzi5.jpg

さっそく、ぼんじり丼から一口。
20090626torihuzi6.jpg
甘辛く煮込まれたぼんじりは、
しっかりと味が染み込んでおり、
柔らかくて口の中でとろけそうな食感。
美味しいです。
また、
温泉卵と一緒に食べるとコクが増して、
さらに美味しくなる。

ボリュームは一見たいしたことないように思えたが、
食べ進むとかなりお腹にたまってきます。
これで680円。
コストパフォーマンス、味ともに、
文句の付けようがなく満足のいくランチでした。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】76点

☆☆お店データ☆☆
【店名】鳥藤 分店
【住所】東京都中央区築地4-8-6
【電話】03-3543-6525

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

【ととりべ】そぼろ丼/800円

今日は銀座の『ととりべ』でランチ。
松坂屋の裏のブロックの地下一階に店はあります。
20090617totoribe1.jpg
到着したのは12時55分。
ランチタイムも終盤なので先客は三人だけ。
席に座るとすぐに、
「申し訳ありません。
ただいまご提供できるのは『そぼろ丼』のみとなっております」
と声がかかる。

親子丼を食べようと思ったのだが売切れならば仕方ない。
『そぼろ丼』をお願いする。
20090617totoribe2.jpg

20090617totoribe3.jpg

店内を見回すと『奥美濃古地鶏』のプレートがある。
『奥美濃古地鶏』がどんな鶏かはわからないが、
これから出てくる『そぼろ丼』にも使われているのだろうか?

五分ほどで運ばれてくる。
そぼろ丼と鶏スープ。
20090617totoribe4.jpg
さっそくそぼろ丼から一口。
そぼろはきめ細かくほぐしてあり味付けは甘辛い。
よく見るとコラーゲンが冷えてゼリー状になっている。
食感といい味付けといいB級サラリーマン好み。
20090617totoribe5.jpg
そぼろの上に刻まれたシソがのっているが、
いい意味で緊張感をもたらしている。
シソの独特の風味で、
そぼろの甘辛い味を引き立てている。
ご飯がちょっとパラパラしていたのが気になるかな。

食べ終わる間際に、
デザートで杏仁豆腐が出てきました。
20090617totoribe6.jpg

当初期待していた親子丼を食べることは出来なかったが、
予想外に美味しいランチに出会えた。
次回は早い時間に来店して、
ぜひとも親子丼を食べてみたいと思う。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】72点

☆☆お店データ☆☆
【店名】ととりべ
【住所】東京都中央区銀座6-12-15 西山ビル B1
【電話】03-5537-5512

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

【よね家】鳥わさ丼(中盛)/940円

今日は水天宮の『よね家』でランチ。
この店は今年1月に訪問したお店です。
20090615yoneya1.jpg
『鳥わさ丼』を無性に食べたくなって再訪問。
詳しくはこちら
【よね家】鳥わさ丼(中盛)/940円

到着したのは12時20分。
店内はカウンター席が五席、
四人掛けテーブルが四つ、
二階にも席がいくつかあるようだ。
通されたのは四人掛けテーブル。
ちなみにこの店は入口で靴を脱いで座らなければならない。
ちょっと面倒臭いです…。

店内をあちらこちら見回してもメニューはない。
ランチは『鳥わさ丼』の一品のみ。
20090615yoneya2.jpg
店員が「小並中大どれにしますか?」と聞いてくるだけ。
注文したのは『中』。

すぐにサラダと冷奴が運ばれてくる。
20090615yoneya3.jpg

10分ほどで鳥わさ丼と味噌汁が運ばれてくる。
20090615yoneya4.jpg
表面に火を通しただけのレアな鶏肉をご飯の上に敷き詰め、
味付けは醤油ベースのタレがかかっており、
わさびが一つまみ上に乗っている。

相変わらず芸術的な丼です。
ご飯が見えないくらい敷き詰められた鶏肉の上に、
シソ、菊の花びら、芽ダテ、わさびが綺麗に添えてある。
20090615yoneya5.jpg

さっそく鶏肉から一口。
表面をさっと火を通しただけで中はピンク色の生肉。
新鮮でなければ、
ここまでレアな肉は提供できない。
味付けも濃すぎず薄すぎず。
二回目の鳥わさ丼なので、
初めての食べた時ほどの感動はなかったが、
やはり美味しいです。
ちなみに鶏肉は10切れあり、
ボリュームもかなりのもの。
十分満足させてくれます。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】80点

☆☆お店データ☆☆
【店名】よね家
【住所】東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-10
【電話】03-5623-4122

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

【鳥長】やき鳥丼/800円

12時5分に到着。
20090224torityou1.jpg
店に入るとおばちゃんが、
「いらっしゃいませ〜」
と威勢よく声をかけてくれる。

-やき鳥丼の一品勝負-
店内はコの字型のカウンターのみで席数は14席。
ランチタイムも始まったばかりなので先客は6人。
客層はサラリーマンがほとんどで女性客は一人だけ。
席に着くとすぐにお茶とおしぼりを渡される。
しかし、いつまでたっても注文を聞きに来ない。
どうやら店の表に焼鳥丼の看板があったが、
やき鳥丼の一品勝負の店なのであろう。
20090224torityou2.jpg

-パン!-
カウンターの中では男性二人が料理をしている。
柄本明に似た大将は、
赤い鉢巻きを額に巻いて焼き専門。
赤いうちわで火力を調整しながら焼いている。

“パン!”

大将がうちわを叩いて炭火に空気を送っている。
大将にしか判らない絶妙のタイミングとコツがあるのだろう。

若い男性は、
盛り付けが専門で丼にご飯を盛ってタレをかけている。
その上に大将が焼いた焼鳥を乗せ、
串を抜いて出してくれる。

パン!

静かな店内にうちわの音だけが響いている。
待っている間に、
店には続々とお客さんが入って来て、
あっという間に満席になってしまった。

-柔らかい焼鳥-
5分ほどでカウンター越しにお兄ちゃんが渡してくれる。
焼鳥丼、冷奴、鷄スープ、漬物。
20090224torityou3.jpg
焼鳥丼はももが二本、
手羽、つくね、野菜がそれぞれ一本づつある。
20090224torityou4.jpg
まずはももから一口。
うん。
柔らかい。
こんなにも柔らかい焼鳥を食べたのは初めてだ。
決して生ということもなく、ちゃんとに焼けている。
美味しいです。
野菜はシシトウ、ネギ、椎茸の三種類。
タレがかかったご飯は味付けが絶妙で食が進む。

-ボリューム不足-
ただ、全体的にボリュームが少ない。
まず、ご飯が控え目だ。
倍くらいあってもいいかな。
また、焼鳥もあと1〜2本は欲しい。
食べ終わっても満腹感は得られませんでした。
周りの人を見ていると、
着席時に、
「大盛でお願いします」と声をかけているお客さんを見かけた。
大盛は900円の模様。
次回、訪問時は大盛を食べてみようと思う。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】68点

☆☆お店データ☆☆
【店名】鳥長
【住所】東京都中央区日本橋人形町2-26-14
【電話】03-3664-9776

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

【よね家】鳥わさ丼(中盛)/940円

12時15分に到着。
大通りから一本奥に入った道のビルの一階にあるお店。
店の前には四人の先客が並んでいる。
今日は『鳥わさ丼』なるものを食べようとこの店を選択。
極力、脂っこくないものを体が欲している。
20090108yoneya1.jpg

-1種類のみのランチ-
10分ほどで中へと案内される。
入口には靴が所狭しと脱ぎ捨てられていて、
どうやら、みんな靴を脱いで座敷に上がるシステムのようだ。
通されたのはカウンターの一番奥。
カウンターには焼酎の一升瓶が綺麗に一列に並べられている。
その一升瓶越しに注文を聞かれる。
この店のランチは『鳥わさ丼』のみ。
一種類のみでやっていくというのは、
自信の現れであろう。

-職人気質-
鳥わさ丼の中盛をオーダー。
店内はカウンター5席と四人掛けテーブルが4つ。
どうやら二階にも席があるようだ。
客層は若いサラリーマンが多く、
男性が六割くらい。
カウンターの中には職人気質のおじさん二人が、
黙々と料理をしている。
なんかオーラを感じる。

-芸術的ランチ-
10分程で一升瓶の間から小鉢が二つ出てくる。
水菜と栗甘露煮に胡麻ダレをかけたものと冷奴。
20090108yoneya2.jpg
まもなくして、鳥わさ丼と味噌汁が来る。
美しい。
第一印象で美しいと感じたランチは初めてだ。
丼には全部で9切れある鶏肉が花びらの如く敷き詰められている。
その上には菊の花びらやわさびなどが散らしてある。
まるで芸術作品のような丼だ。

20090108yoneya3.jpg

20090108yoneya4.jpg

-レア-
さっそく鶏肉を一口。
表面をあぶっただけで中はレア。
肉は非常に柔らかい。
味は醤油ダレがかかっている。
そして有り得ないくらい美味しい。
基本的に私、B級サラリーマンは、
生肉は食べられないのだがこれならいける。
刺身のような感覚だ。
鶏肉の下には胡麻がひいてあり、
ゴマがかかったご飯がある。
このご飯にも醤油ダレがかかっていて箸が進む。

-わさび-
2切れ目はわさびを付けてみる。
『鳥わさ丼』とは『鳥わさび丼』の略。
といっても“び”しか略されてないが。。。
このわさびが辛い。
箸の先端にちょこっと付けただけなのに、
つーん、と鼻に抜けるくらい辛い。
しかし、これが癖になる。
なんなんだろう。
魔法にかかったみたいだ。

とにもかくにも、
この鳥わさ丼は非常に美味しいです。

唯一、難点を言うなれば、
靴を脱がなくてもいいようなシステムになればいいな、
と思う。

【  味  】★★★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】80点

☆☆お店データ☆☆
【店名】よね家
【住所】東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-10
【電話】03-5623-4122
↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング

banner_11.gif


よね家 (よねや) (割烹・小料理 / 水天宮前、人形町、茅場町)
★★★★ 4.0

posted by B級サラリーマン at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

【こだわりやま】鶏もも焼き定食/680円

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

20090105kodawari1.jpg

-2009年スタート-
今日は2009年仕事始め。
普段は一人で仕事をしているので、
好きなタイミングで好きな店に入ることが出来るが、
今日は得意先の挨拶回りを同僚としていたために、
私、B級サラリーマンの要望を聞き入れてもらえず。

-失敗かも-
選んだのは文京区白山にある鷄料理専門の『こだわりやま』。
11時50分に入店。
店内はテーブル席が12席、座敷席が18席。
先客は座敷席に男性四人組がいるだけで、
がらーんとしている。
チョイスを誤ったことを直感する。

-やっぱり失敗-
ランチメニューは豚肉生姜焼きやら、
ハンバーグやら鷄料理とはあまり関係ないものが並んでいる。
チョイスを完全に誤ったことを確信する。
片言の日本語を話す店員に、
唯一の鷄料理である『鷄もも焼き定食』を注文。
店内を見渡すとメニュー表があり、
夜は鷄料理を中心とした居酒屋になるようだ。

10分程で運ばれてくる。
内容は、ご飯、味噌汁、鷄ももの照り焼き、
キャベツのスライス、ポテトサラダ、小鉢、味付け海苔。

まずは鷄から一口。
出来合いのものを温めただけという感じ。
大衆受けするちょっと濃いめの味付け。
他は特にコメント無し。

新年早々、こんなランチです。
この一年が思いやられる感じがします。

ちなみに。
この店がある文京区白山は、
先日の箱根駅伝で優勝した東洋大学のお膝元で、
街の至る所に優勝を祝うポスターが貼られていました。

あと、もう1つ。
調べてみると、
この店はチェーン展開をしている店だということがわかりました。

【  味  】★★
【ボリューム】★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★
【再訪問】★★

【点  数】44点

☆☆お店データ☆☆
【店名】こだわりやま 白山店
【住所】東京都文京区白山5-36-5 白山伊豆与ビル1F
【電話】03-5805-3393
↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食(肉:鶏肉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。