2010年03月12日

【洋食すいす】メンチカツ(M)/750円

今日は新橋の『洋食スイス』でランチ。
『やるき茶屋』の地下にあるお店です。
20100312suisu1.jpg

20100312suisu2.jpg
到着したのは12時45分。
階段を降りると二人が並んで待っている。
店内は意外に広くて、
テーブル席を中心に50席ほどあるようです。
客層はサラリーマンが中心で、
男性客が九割ほどを占めています。

すぐにカウンター席に案内されました。
メニューはカレーや揚げ物が中心。
20100312suisu3.jpg
周りのお客さんを見回すと、
カレー系を食べているお客さんが目立ちます。
注文したのは『メンチカツ』。

8分ほどで運ばれてくる。
ご飯とメンチカツ、キャベツ。
20100312suisu5.jpg

いや〜、これはかなりのボリュームです。
20100312suisu6.jpg
メンチカツは想像していたよりはるかに大きく、
20センチくらいあります。
また、ご飯もお皿にしっかりと盛りつけられていて、
間違いなく満足できるボリュームだ。

まずはソースをかけないで一口。
サクッと揚がっていて熱々です。
20100312suisu7.jpg
牛肉の比率が多いためか、
全体的に黒っぽい色合いのメンチです。
挽肉の他にはたまねぎが入っています。

あらかじめ塩胡椒で味付けがされているが、
やっぱりソースをかけた方がより美味しく食べられます。

ボリュームは当初の予想通りかなりのもの。
しっかりお腹一杯になりました。
この内容で750円であれば十分満足がいきます。

そういえば、
チキンカツ・白身魚フライ・ハンバーグの三点盛の、
『ランチセット』なるものがあったが、
これはどんな代物なんだろう。
20100312suisu4.jpg
相当のボリュームなんだろうなぁ…。

【  味  】★★★
【ボリューム】★★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】72点

☆☆お店データ☆☆
【店名】洋食すいす
【住所】東京都港区新橋3-5-13
【電話】03-3501-2722


↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

人気ブログランキングへ





ブログランキング ドット ネット


posted by B級サラリーマン at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 揚げ物(メンチカツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

【ひじり亭】手作りメンチカツ/800円

12時5分過ぎに到着。
トンカツ屋などが軒を連ねているエリアに店はあります。
20090520hiziri1.jpg
店内は15席ほどでこじんまりとしている。
通されたのは奥のテーブル席で相席となる。

客層は中年サラリーマンとOLが中心で、
まったく異なる二つの世代が混在している。
意外な組み合わせだが、
店内を見回すと納得が行く。

カウンターには焼酎の瓶がずらりと並んでいて、
夜は焼酎好きのサラリーマンで賑わっているのだろう。
夜の常連客がランチにも顔を出していると思われる。
その一方で、
店内は小綺麗に整えてあり、
女性店員が二人で店を切り盛りしていて、
メニューも女性好みの感じになっている。
20090520hiziri2.jpg

注文したのは『メンチカツ』。
「汁物はどうしますか?」と聞かれる。
どうやら『納豆汁』と『日替り味噌汁』があるようだ。
今日の日替りは『おふとワカメの味噌汁』とのこと。
選んだのは『納豆汁』。

すぐにウイスキーグラスに入った水が運ばれてくる。
南アルプスの伏流水とのこと。
続いて小皿が三つ運ばれてくる。
茄子を揚げたもの、胡瓜の漬物、水菜のおひたし。
七分ほどでメンチカツと納豆汁、
ちょっと遅れてご飯が運ばれてくる。
20090520hiziri3.jpg
小皿が多くていろんな種類の食材が食べれるのも、
女性に人気の秘密かもしれない。

さっそくメンチカツから一口。
20090520hiziri4.jpg
サクッと揚がっていてジューシーです。
粗く刻まれた玉ねぎの存在感が、
際立っているメンチカツです。

西麻布の三河屋のメンチカツのように、
ぎっちし詰まった感じではなく、
軽く形どられた感じの仕上がりとなっている。
どちらかというと、
三河屋のようなぎっちり詰まったメンチカツの方が、
B級サラリーマン好みだが、
これはこれで美味しいメンチカツだと思う。

詳しくはこちらへ
【三河屋】ミックスフライ/950円

あと、
納豆汁はとろみがあって、
熱々で癖になりそうな食感でした。
ところが、肝心の納豆が見当たらなかったです。

ちなみに食べ終わって店を出ると、
六人ほどサラリーマンが並んで待っていました。

【  味  】★★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★★

【点  数】72点

☆☆お店データ☆☆
【店名】ひじり亭
【住所】東京都港区芝大門1-8-4
【電話】03-3437-9778

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 揚げ物(メンチカツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

【小春軒】メンチカツライス/750円

12時10分に到着。
20090421koharuken1.jpg
人形町の甘酒横丁、
親子丼で有名な玉ひでのすぐ近くに店はある。
今日の玉ひでは20人近く並んでいて、
その行列を横目に見ながら入店。

カウンター席が四席、
四人掛けテーブルが四つだけのこじんまりとしたお店。
客入りは七割くらいで、
テーブルに相席となる。
客層は中年のサラリーマンが中心で、
男性比率は八割ほど。

表のメニューには五品目だけが書いてあるが、
店内のメニューには揚げ物を中心に、
20品ほどラインナップが揃っている。
どれも1000円前後。
20090421koharuken2.jpg
表のメニューの一番最初に書いてあった、
『メンチカツライス』を注文する。

店内を見回すとこのお店の歴史が書いてある。
現在の店主は四代目。
初代は明治の元老で総理大臣も務めた山県有朋の料理長を勤め、
結婚を期に独立して、
明治45(1912)年に小春軒を創業したとのこと。
つまり、今年で創業97年になる歴史ある店ということだ。

7分ほどで運ばれてくる。
20090421koharuken3.jpg
皿に盛られたライスと、
丸いメンチカツが二つ、
キャベツのスライスとポテトサラダ。

ちょっと小ぶりでボリュームもないので、
腹一杯にはならないだろうなぁと思いながら、
まずは何もつけないで食べてみる。
20090421koharuken4.jpg
箸を入れると、
しっかりとした衣に包まれた肉が顔を出す。
メンチカツというと、
以前西麻布の『三河屋』で食べた、
肉汁たっぷりのメンチカツを思い出すが、
このメンチカツは肉汁は出てこない。
詳しくはこちらへ→【三河屋】ミックスフライ/950円

具は玉ねぎと挽き肉だけで、
どちらかというとあっさりした感じで、
ジューシーさは感じられない。
味付けは多少の塩胡椒は効いているが、
ソースをかけた方が美味しく食べれると思う。
全体的には可もなく不可もなく、
感動することもなく。

ただ、先程紹介したの店の歴史の最後に、
“気どらず美味しく”と書いてある。
このメンチカツは97年という店の歴史の中で、
脈々と受け継がれてきた味なのかもしれない。
これからも、時代の流行りに迎合しないで、
気どることなく、さらなる歴史を積み重ねてほしいと思う。

【  味  】★★★
【ボリューム】★★★
【 コストP 】★★★
【雰囲気】★★★
【再訪問】★★★

【点  数】60点

☆☆お店データ☆☆
【店名】小春軒
【住所】東京都中央区日本橋人形町1-7-9
【電話】03-3661-8830

↓↓よかったらクリックを↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング

banner_11.gif


posted by B級サラリーマン at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 揚げ物(メンチカツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。